2017年06月

    1:2017/06/06(火) 23:08:19.79 ID:
    モバマスSSです
    モバPがP表記です
    一応お姉ちゃんも出てきますが妹の方が出るかも
    キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字などがあるかも
    良かったら見ていってください

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496758099
    2:2017/06/06(火) 23:09:43.01 ID:
    P「すいませーん」
    ピンポーン

    ガチャッ

    莉嘉「あれPくん!?どうしたの!?」

    P「美嘉が風邪引いたって聞いたんだが」

    莉嘉「あ、そっか!お見舞いに来てくれたんだね☆」

    P「忘れてたのか…」

    莉嘉「ち、違うよ!」

    P「ほんとかー?」

    莉嘉「ほんとだってば!」

    P「怪しいなー」

    莉嘉「もー!Pくんのバカ!」

    P「バカで悪いか!」

    莉嘉「悪い!」

    P「何をー!」



    美嘉「…何してんのさ」

    莉嘉「お姉ちゃん!大丈夫?」

    美嘉「まあ大丈夫…で…プロデューサー?」

    P「ああ悪いな美嘉、起き上がらせちまって」

    美嘉「いいのいいの★えほっえほっ…」

    莉嘉「もー無理はダメって言ったじゃん!」

    美嘉「無理なんてしてないってば…」

    P「まあとりあえず上がっていいか?」

    美嘉「あ、うん、どうぞどうぞ★」

    莉嘉「どうぞどうぞ☆」
    3:2017/06/06(火) 23:11:03.50 ID:
    P「お邪魔しまーす…と、あれお母さんはいないのか?」

    莉嘉「今お父さんと旅行中!」

    P「えっ2人置いてか?」

    美嘉「それが何でもペアらしくってさ~…まあアタシがいるから行ってきなよって言ったわけだけど…」

    P「見事に風邪を引いたわけだ」

    莉嘉「もー困っちゃうよね!」

    美嘉「うっ…ごめんねほんと」

    P「まぁまぁ…なら丁度よかった、色々買ってきておいて正解だったな」ドサッ


    美嘉「わっ…ごめんね?アタシの為にわざわざ…」

    P「これぐらい大丈夫だって、莉嘉入れるの手伝ってくれ」

    莉嘉「りょーかいっ!」

    P「今から夜飯作るから美嘉は横になってな」

    美嘉「いやいや流石に悪いって!これぐらい大丈夫だから!」

    P「風邪人は黙って寝てりゃいいんだよ、ほら行くぞ?」

    美嘉「う、うん…」

    莉嘉「いいなー!アタシも風邪ひけば良かった☆」

    美嘉「馬鹿な事言ってるとほんとに風邪ひくよ?」

    莉嘉「そしたらPくんに見てもらうもん!」

    P「悪いが2人は見れないかな…」

    莉嘉「じゃあお姉ちゃんが治ったら!」

    P「…考えとく」

    莉嘉「もー!それしないやつじゃん!」

    P「はっはっは、大人はズルいんだ!美嘉連れていくから飲み物とか入れておいてくれ」

    莉嘉「むー!今度どっか連れてってよね!」

    P「それぐらいならお安い御用」

    莉嘉「ほんとっ!?」

    P「どこ行くか考えときな」

    莉嘉「はーいっ!」
    4:2017/06/06(火) 23:12:53.59 ID:
    undefined
    【モバP「美嘉が風邪をひいた」】の続きを読む

    1:2017/06/06(火) 23:44:54.81 ID:
    注意
    ※デレマスss
    ※初投稿

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496760294
    2:2017/06/06(火) 23:45:54.76 ID:
    ~事務所~

    愛梨「おはようございます」

    P「すまないな、輝子」

    輝子「フヒ…残念だ…」

    愛梨「あれ?どうしたんですか2人とも」

    P「おう、おはよう愛梨」

    輝子「おはよう、愛梨ちゃん」

    愛梨「何か困ったことでも起こりましたか?」

    P「実は原宿のキノコグッズ専門ショップの品揃えがリニューアルするんだ」

    輝子「でも…リア充の巣窟に私1人だと無理だから…」

    P「オープンした時は俺が連れて行ったんだがな」

    輝子「今回はプロデューサーが忙しくてな…予定が合わないんだ…」

    愛梨「そうだったんですか…」

    輝子「諦めるしかないか…」

    愛梨「…ならプロデューサーさんの代わりに私が連れて行ってあげます!」

    輝子「い…いいのか?スケジュールもあるし」

    P「リニューアル日は都合良く2人ともオフだしお願いできるか?」

    愛梨「はい!任せてください!」
    3:2017/06/06(火) 23:46:37.79 ID:
    ~数日後~

    愛梨「あっ、輝子ちゃんおはようございます」

    輝子「あ…おはよう、愛梨ちゃん」

    愛梨「輝子ちゃんの服可愛いですね」

    輝子「変かな?もしもの時の為に1着だけ用意してたんだけど」

    愛梨「似合ってますよ輝子ちゃん、…そうだ!輝子ちゃんに合う服を見てみましょう」

    ~洋服売場~

    イラッシャイマセー

    輝子「リア充空間…苦手…」

    愛梨「大丈夫ですよ輝子ちゃん、私が付いてますから、気にせず服を見ましょう」

    輝子「ファッションはよく分かんない…」

    愛梨「輝子ちゃんはどんな服でも似合うと思うなぁ」

    輝子「フヒ…て、照れるな…」

    愛梨「たまにはカッコイイ服とかどうかな?」

    輝子「最近カッコイイ感じの仕事多いし…たまになら」
    4:2017/06/06(火) 23:47:37.86 ID:
    アリガトウゴザイマシター

    輝子「お金…愛梨ちゃんが払ってたけどいいのか?」

    愛梨「いいんですよ、輝子ちゃんもうすぐ誕生日ですし」

    輝子「それじゃあこの服が誕生日プレゼント?」

    愛梨「はい、あっでも当日はケーキ作ってきますね」

    輝子「愛梨ちゃんのケーキ…楽しみ…」

    輝子「お、目的地に着いたな…」

    ~キノコグッズ専門店~

    愛梨「わぁ、可愛い」

    輝子「ここまで来たら…リア充空間は大丈夫」

    愛梨「じゃあちょっとお手洗いにに行ってきていいかな?」

    輝子「お手洗いは店出て向かいにあるよ」

    愛梨「ありがとう輝子ちゃん、行ってくるね」

    輝子「ではその間に買い物を済ませる事にしよう」



    輝子(結構レジ並んでる人多かったな…愛梨ちゃん待たせちゃった)

    愛梨「・・・」

    男「・・・」

    輝子(知らない人…愛梨ちゃんの知り合いなのかな)

    輝子(会話聞こえないし、邪魔したら悪いかな?)

    男 愛梨の腕掴む

    輝子「愛梨に触んなぁ!!キサマァ!!!」

    男「ちっ」ウデハナシテニゲル

    輝子「大丈夫か愛梨ちゃん!」

    ギュッ

    輝子「え?」

    愛梨「助けてくれてありがとう、輝子ちゃん」
    【愛梨「キノコの王子様」】の続きを読む

    1:2017/06/07(水) 00:32:33.50 ID:
    千枝「わぁ、ありがとうございますっ♪」

    肇「ふふ、千枝ちゃんもあと少ししたら中学生なんだねぇ」

    千枝「はいっ、あと何回お誕生日を迎えたら千枝中学生になれますかね?」

    肇「その辺りに触れるのはちょっと危ないなぁ」

    千枝「…あっ!ご、ごめんなさい…千枝うっかりしてました。サザエさん時空にツッコむのは野暮ですよね」

    肇「その発言も色々とアレだけどね」

    千枝「あれ?毎年大規模な火山噴火の前に裕子さんが復元能力で地球そのものを1年前に戻し続けているんでしたっけ…?」

    肇「千枝ちゃんお誕生日おめでとう!」

    千枝「わっ、どうしたんですか?大きな声で…。それにおめでとうって、さっきも言ってもらいましたよ?」

    肇「こういうお祝いの言葉はね、何回でも言っていいんだよ?」

    千枝「そうなんですか?えへへ、おめでとうってまた言って貰っちゃった」

    肇(かわいい)

    千枝「ところでバレンタインとかクリスマスとかもう何回もやってますけど千枝はいつになったら進学できるんでしょう」

    肇「実は確信犯だね千枝ちゃん」






    注・肇と千枝ちゃんです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496763153
    2:2017/06/07(水) 00:47:15.42 ID:
    肇「…ところで千枝ちゃん?」

    千枝「はい?」

    肇(箱)「そろそろ助けてくれると嬉しいんだけどなぁ」

    千枝「?」キョトンッ

    肇「わぁ、何て純粋な瞳。水晶みたい」

    千枝「どうしたんですか?」

    肇「箱に詰められて身動き取れないんだけど、この状況を目の当たりにしてなお「どうしたんですか」なんて言える千枝ちゃん凄い」

    千枝「?」

    肇「えっ、どうしてそこで「信じられない…」みたいな顔して小首を傾げるの。かわいい」

    千枝「信じられない…」

    肇「あ、声に出しちゃうんだ」

    千枝「だって、箱から麺上に成形されたグルテン質によって強いコシを生む炭水化物さんを解き放ってしまったら…千枝、一体どんな事になっちゃうか…」

    肇「そんな迂回するぐらいなら素直に「うどんさん」って言われるほうがスッキリするよ」

    肇「あとどんな事になっちゃうかビクビクしてるのは私のほうだからね?」

    千枝「うどんさんっ」

    肇「スッキリするとは言ったけど呼んでほしい訳じゃないんだよ?でもどうしたの?」

    千枝「えへへっ、呼んでみたかっただけでーす♪」

    肇「ああもう、全部許しちゃうその笑顔」

    千枝「ところで藤原うどんさん」

    肇「許したままでいさせてほしかったなぁ」

    肇「その呼び方だと私の実家がうどん屋さんみたいになっちゃうんだけど」

    千枝「…え?」

    肇「信じ続けていたものに裏切られたような顔をされても困るよ」
    3:2017/06/07(水) 00:54:29.00 ID:
    千枝「ところでどうして箱に入ってるんですか?」

    肇「」

    千枝「…?どうして目を逸らすんですか?」

    肇「…えーっと、ね…?」

    千枝「…肇さん?」

    肇「…ちょっと、事情が…」

    千枝「あ、千枝わかりました。これは肇さんなりの新しいアイドルとしてのパフォーマンスなんですね?凄いですっ勉強になります」カシャカシャッ

    肇「ごめんごめん今教えるから喋るから写メやめて」

    千枝「動画ですよ?」ピロリンッ

    肇「どっちでも!」






    カイソウデシテー




    モバP(以降P表記よ……えふッ)「あ、いたいた。おーい肇ー」スタスタ

    肇「あ、プロデューサーさん。おはようございます」ペコリ

    P「はいおはよう。よかった、丁度肇を探してたんだ」

    肇「私をですか?何か急なお仕事でしょうか。私でお力になれるのでしたら…」

    P「いやいや、仕事じゃないんよ。ちょっと個人的なことでさ」

    肇「?」

    P「ほら、今月誕生日だろ?それでちょっと肇と話がしたくてさ…」

    肇「はぁ…」

    肇「………」

    肇「…へ?」

    P「今って時間あるか?ちょっと2人だけで相談したいことがあるからさ…駄目か?」

    肇「…」

    P「あれ、聞いてる?」

    肇「…はっはい!聞いてます聞いています!」コクコク

    P「何か予定があるっていうなら無理にとは言わ」

    肇「いえ大丈夫です。何もありません問題ありません」

    P「あ、うん。ならよかった」

    P「んじゃ、ちょっと場所を変えるか」

    肇「は、はひっ」トコトコ
    5:2017/06/07(水) 01:10:57.28 ID:
    カイソウオワリマシテー




    肇「それで人気のない大道具部屋に移動して、「ちょっと目を閉じていてくれないか」って言われて…」

    千枝「で、気が付いたら梱包されて千枝のところに宅配されていた、と」

    肇「…はい」

    千枝「チョロっ」

    肇「えっ?」

    千枝「あ、ごめんなさい…言い間違えました。プロデューサーさんから「千枝が喜ぶものだぞー」ってこんな大きな箱を貰ったら中にまさか肇さんが入ってるなんて思わなくって」

    肇「言い間違えるにしては文字数に無理があると思うよ」

    千枝「千枝、てっきり肇さんも合意の上で千枝の為にこんな幸子さんみたいな事してくれてるのかと思ったんですけど…あ、違いますよ?「目を閉じている間にどんな事をしてもらえると思ってたんでしょうこのムッツリさんめ」とか口に出したりしませんからっ」

    肇「自白してる。内心で思ってるって自白してるよ千枝ちゃん」

    肇「あと遠回しに幸子ちゃんにも被害出てるからね?」

    千枝「で、本当は何をしてもらえると思ったんですか?」

    肇「……それは……」

    肇「………」

    肇「…えへへ」

    千枝「箱入り肇さんチョロすぎ、と」ピロリンッ

    肇「ちょっ、送信した?今絶対送信したよね!ほらLINEに来たぁ!」ピロリンッ





    みく「プッ、肇チャン酷い箱詰めされてるにゃ。チョロっ」

    ありす「まったくです。チョロすぎます」

    幸子「そもそも箱に入ってのサプライズはボクの専売特許ですよ?それにしてもチョロいですね!」

    凛「ほらほら、いくら何でもそこまで言ったら可哀想だよ。チョロいけどさ」ププッ

    未央「ほらほら、ロケ始まるから行くよーそこのチョロ四天王ー」
    【肇「お誕生日おめでとう千枝ちゃん」】の続きを読む

    1:2017/01/29(日) 00:34:54.70 ID:
    杏「おっ、西住ちゃん!干し芋食べるー?」

    みほ「はい。いただきます」

    杏「今日暑いよねー、西住ちゃん」

    みほ「……」

    杏「西住ちゃん?」

    みほ「あの会長、西住ちゃんってやめませんか?」

    杏「え?西住ちゃんは下の名前で呼ばれたいの?」

    みほ「はい」

    杏「じゃ、じゃあみほちゃん?」

    みほ「そういうことではなくですね」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485617694
    2:2017/01/29(日) 00:37:00.55 ID:
    みほ「戦車道ってコンマ何秒の世界なんです」

    みほ「判断から指示、そして行動までの時間を早めるために試合中は敬称を略すんです」

    杏「あぁ、そういう……」

    みほ「西住ちゃん、って長いですよね?誰が誰に対して喋っているかを即座に把握する必要がありまして」

    みほ「だからみほちゃんでも全然長いです」

    みほ「黒森峰でも試合中はみんな呼び捨てでした。年上に敬語を使わなくても怒られることはなかったです」

    杏「じゃあ試合中はそうするよ」

    みほ「いえ、試合中にいきなり変わったことをするとみんな混乱します」

    みほ「なので今からみほと呼んでください」
    3:2017/01/29(日) 00:38:31.03 ID:
    杏「じゃ、じゃあ呼ぶよ」

    みほ「はい、どうぞ」

    杏「み……み、に……にし……」

    みほ「そんなに嫌ですか?」

    杏「いやだってさ!呼び方急に変えるのって違和感あるって!」

    みほ「今が試合中じゃなくてよかったですね。それまでに慣れましょう」

    杏「み、みほ、ちゃん……」

    みほ「はい、私たち撃たれました。今のちゃんを付けた時間で」

    杏「そんな極端かなぁ!?」
    4:2017/01/29(日) 00:39:17.59 ID:
    みほ「そういう世界ですから」

    杏「み、みほ!みほみほみほみほ!みほ!」

    みほ「よくできたね、杏」

    杏「えっ……」ドキッ

    みほ「私も呼び捨てします。じゃないと意味ないですから」

    杏「いや、いいけどさ」

    杏「じゃあ全員でそういう方針にしよっか」

    みほ「そうですね」
    【【ガルパン】みほ「ちゃん付け禁止、です!」】の続きを読む

    1:2017/06/06(火) 00:30:02.32 ID:
    星輝子誕生日記念SSです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496676600
    2:2017/06/06(火) 00:31:17.17 ID:
     公園で初めて会ったとき、彼女のことをどう思ったんだったか。

    「キノコー、キノコー、ボッチノコー♪」

     小柄な体とスラリと伸びた銀髪と色白で世の女性が羨むであろう肌、灰色の瞳。そして両手にはキノコ。そう、キノコ。まるで小説か漫画に出てくるような少女がそこにいた。

    「キノコー、キノコー、キノコーを探して」

    「あの」

    「ヒィッ!? だ、誰……?」

     ああそうだ。俺は彼女にこう言ったんだ。

    「君……もしかして、宇宙人?」

    「……へ?」

     地球に調査に来た宇宙人――それが星輝子という女の子に対して最初に抱いた感想だった。

    3:2017/06/06(火) 00:32:37.16 ID:
    「あれから結構経つんだよなぁ」

     営業先から事務所に戻る途中、ふと輝子とのファーストコンタクトを果たした公園を通りかかる。三時のおやつ前だからか子供たちの遊ぶ声も聞こえず静けさの中で鳥のさえずりが聞こえるだけ。輝子はここをボッチによるボッチのための公園、と言っていたがなる程確かに静かに物思いにふけるにはいい場所かも知れない。アホ毛のキュートな熊本娘にここを教えてあげてもいいかもな。きっと週一で日向ぼっこをするだろう。言うほどジメジメした場所でもないし。

    「今あいつがここに来ても、同じ事を言うのかな」

     ジメジメした場所でひっそりと隠れてきた彼女を半ば強引に眩いステージに押し上げてから数ヶ月。今でも机の下のような暗く湿っぽい場所でトモダチのキノコ達と過ごす事がお気に入りらしいが、毒々しい光を浴びたステージに立てば唯一無二の存在となる。

     星のように輝く子とはよく言ったものだ。二重人格とは違う、普段のぼっちな彼女もメタルでクレイジーな姿もどちらも星輝子というアイドルで、そのギャップに心臓をぶち抜かれる人が多いのだ。かくいう俺も、その1人なんだけど。

    スマホを開いてツイッターを見ると丁度いいタイミングで輝子の写真が流れてきた。
    4:2017/06/06(火) 00:33:15.70 ID:

    『昨日は輝子ちゃんと一緒にお洒落なカフェに! 輝子ちゃん、ちょっと緊張気味?』

     どうやら愛梨に連れられてカフェに行っていたようだ。自撮りを笑顔であげる愛梨に対して、本来自分がいた場所とは違う環境に身を置かれたせいで写真の中の輝子は目をグルグルとさせてありありと焦りが伝わって来る。これを『ちょっと』で済ませてしまう愛梨も中々大物だな。ヤケを起こしてヒャッハーしださないか少々心配だけど、まぁ愛梨がいるなら大丈夫だろう。
    しかし……少なくともアイドルになる前の輝子なら、このような所謂リア充の巣窟であるカフェになんて行くことがなかっただろうに。

    「成長しているってことだよな」

     根っこの部分は変わっていないだろう。どんな環境に投げ込まれたとしても、やはり生まれてからこれまで築き上げて来たものはそう簡単に変わらないのだから。言ってしまえば、有無を言わさずついてくる影のようなもの。

     それでも人がいるところを怖がらずにトモダチと呼べる仲間が増えていった。日陰から日向へと飛び出した輝子を祝福するかのように、彼女を中心にキノコが増殖して輪が広がっていく。

     それが俺にとっても、彼女の最初の親友としてはとても嬉しく誇らしいことだった。アイドルとしてだけでなく、ひとりの女の子としても新しい世界へと飛び出していけるようで、これまでの時間はムダなんかじゃなかったと強く思えたんだ。
    【モバP「Hs-宇宙人」】の続きを読む

    このページのトップヘ